片足つっこみたい

何でもかんでもちょっとだけかじってみるブログ

iPhone4で将来を決めた話

ほぼ日手帳ユーザーの私は、糸井重里さんがWEBで毎日連載しているエッセイをよく読む。

先日のエッセイので出しはこうだった。

iPhoneが出たとき、世界中の才能がここに集まる、と思ったんですよ。」と。

 

 そのエッセイを見たとき、

私は私が初めてiPhoneを手にした時を思い出していた。

iPhoneがこの世に出た瞬間を私は知らない。

 

はじめてiPhoneに出会ったのは高校の時。iPhone4が販売された時だった。

 

その時はまだソフトバンクしかiPhoneを取り扱っていなくて、auでは電子辞書みたいなスマートフォンが販売されだしたころだった。

 

Wi-fiを携帯で使う概念が理解できなかったし、ガラケーで使っていたデコ文字は使えないし、ガラケーの企画に合わせて作られた色々なウェブサイトは見づらいし、AppleStoreは未発達な だったけど、私はどうしてもあのiPhoneが欲しかった。iPhoneでは世界のあらゆるものを取り込むことができると感じた。

 

そしてその時に私はアプリというものを意識して、Xcodeを学び、アルバイト代でmacbookairを買った。iPhoneの世界に私も混ざりたいと思ったから。そして私はプログラミングが学べる大学へ進学した。学んでいくと、ガラケーで使っていたアプリとあまり仕様に差異はないのかと心配になった。

 

それから7年(もう7年も経ってるのか…)今私は買ったばかりのiPhone8でこの記事を書いている。コーディングについてはあの頃みたいにきらきらした感情を持つことは出来ないけど、新しいiPhoneとその機能を最大限に使えるように設計されたアプリケーションをみると、今もなお私のテンションは上がる。

あの日、iPhoneとアプリケーションによって形成された世界をみたから、私は今IT業界で働いているのだと思う。

最近はときめくことが少なくなってしまったけれど、初心にかえってまたXcodeでも開いてみようと思う。

 

映画『全員死刑』のイベント参加の感想をだらだら書く

TVドラマ『学校のカイダン』を観て間宮祥太朗に惹かれてから彼の出演するイベント、映画、ドラマを追うこと2年半。満を辞して初めて参加したイベントが、彼の初主演映画『全員死刑』の初日舞台挨拶でした!うれしい!

初日はヒューマントラストシネマ渋谷で8時代の回(だった気がする。)

冷たい熱帯魚の製作チームとフランスの映画祭で下半身を露出した監督という女子受けからは遠い映画にも関わらず女の子が沢山いた。流石間宮君の初主演なだけある。団扇とか持ってた子もいた。

 

映画はひたすら人を無計画に殺していく救いようのない話なんですけど、サトシの「青春だな」的な発言や、カオリのエロ可愛いシーンにより等の本人達に深刻さが無くて気分が重くなる映画ではなかった。あとは適宜テロップでシーンが飛ぶので間延びしてなくてよかった。

映画に出てくる首塚家はもうどうしようもなくだめな人ばかりで私の人生はまともで良かった。ああはならないようにしようと思わされるものだった。そしてカオリ役の清水葉月さんはめちゃくちゃ可愛いし色気があった。(監督と同じ歳とか信じられない)最後のシーンの脚とかばっかじゃないのとか何もうほんとに可愛い。雑誌とかCMとかもっと出てくれないかな。

 

そして公演後の舞台挨拶では首塚家のみなさま+カオリちゃんが登壇。そこで一番びっくりしたのが、え、サトシ役の毎熊克哉さん。劇中と全然顔違う!同一人物だと思わなかった!そしてめちゃくちゃイケメン!!出演歴を観てたら銀河英雄伝説で間宮君と共演してたらしい。なるほど。

目当ての間宮君はめちゃくちゃ顔が綺麗だった。なんだあれ本当に同い年の人間か?って感じだった。そしてセットアップが似合っていた。確かvivienneだったはず。

首塚家のお父さん役の六平さんは場を盛り上げつついろんな人に話を振っていて撮影中もこんな感じだったのかなと思った。

そして絶対やばいやつだと思ってた小林監督は、入場時から想像を覆された。日本人らしいお辞儀の連発に柔らかい人あたり。R-15の映画を作った監督とは思えないふわふわとした雰囲気に驚いた。

お祝いのケーキを間宮君が小林監督に食べさせる流れがあり、小林監督用の大きいスプーンが用意されていたのだが、間宮君がすくったケーキじゃ物足りず「もっと!!」って言った瞬間、一人で来ているにも関わらず普通に声出して笑った。一瞬恥ずかしくなったけどわりと一人の人多かったので良かった。

そんな感じで初日は終わり。

 

そして、11月30日のテアトル新宿でのトークショー。予約していたのだが、どうしても見積もりが終わらなくて会社から解放されたのが上映20分前。新宿までは少なくとも30分。テアトル新宿のホームページには途中入場お断りの文字。テアトル新宿に電話してみても不通。

これは終わった…。と思いながらも駄目元で新宿に向かった。テアトル新宿の店員さんにおそるおそる聞いてみたら(舌打ちされるかと思っていた)快く入れてくれました!ありがとうございますテアトル新宿さん。

入場したらもうショウジは死んでいた。殺人シーンもう一度観たかったけどやむなし。

そして2回目の鑑賞を終えてトークショー

今回は小林監督、間宮君、毎熊さん、藤原季節君が登壇。

初めから間宮君のテンションが初日と違う。藤原君が来ているせいか終始にやにや。そしてリラックスしている感じ。

この日はなんといっても藤原君がめちゃくちゃバナナ食べたり痙攣をして場を盛り上げていた。わけわからん格好してたけど肌きれいだしイケメンだった。

この日はふざけた話と本気の話が良い塩梅で混じっていて進行ガン無視だったけどすごく良かった!

お恥ずかしい限りだが、この日のトークで毎熊さんと藤原君が『ケンとカズ』という映画をやっていることを知ったので、今度観てみようとおもう。そして間宮君が本当に映画やお芝居が好きなことが伝わって来た。役者の皆さんが互いを尊敬しあっている感じがもうたまらなかった。私もいろんな舞台観に行きたい。

 

この日は会場の人から質問を受け付ける時間があった。私は全員死刑の関連記事とか全く観てないしみんなの経歴とか分からないから気の利いた質問なんか出来ないので黙っていた。

そしたら私の隣の子が勢いよく手を挙げていてしかも藤原君に傘で指名受けていたのでびっくりした。小林監督ってゅちむって言うのか。知らなかった。

彼女が当てられた時私まで目があったような気がしたのでお得感があった。見ず知らずの彼女にはお礼を言いたい。終わった後に良かったですねって言いそうになったけどお節介ババアみたいになりそうでやめといた。

最後の人は7回も映画観ているとのことだった。後悔してから二週間足らずでしかも劇場結構限られていることを考えると筋金入りのファンだなと思った。私なんかただのミーハーだわ…。

この日はお客さんとのセッションがあるせいか、間宮君初日より席を見渡している感じだった。色々回った後だから余裕できたのかなとか思いつつ。服もラフな感じでした。

そして帰り道で全員死刑のlineliveを観ながら帰った。楽しかった〜私もビールが飲みたかったよ…

イベント帰りはいつもやる気が溢れる。同世代であんなに真剣に物事に取り組んでいる人がいるってことが分かると自分も感化される。ベクトルは違っていても私も成果を残せるように真摯な何かに打ち込みたいと思う。

この映画を通して気になる役者さんが増えた。皆さんの次回作を心待ちにして私も頑張ろう。仕事。

 

 

 

bobba barをもう一度

f:id:ay_310:20170316213434j:image

 

初めてのスマートフォンは、iPhone4でした!

高校生でまだiPhoneを持っている人が学年に2,3人しかおらず、

対応アプリも少なくて、ウェブも不思議なレイアウトだった頃。

夜な夜なハマっていたアプリを思い出しました。

Bobba bar。

 

今で言うアメーバピグみたいなものですね。当時は画期的(だと勝手に思っている。)

あの頃、bobba barにいた人には、女子高生というだけで驚かれた。

だからと言って出会い系って感じでもなく、ただだらだらとチャットをしていた。

今また、やりたいなあと思い、探してみたけれどさすがにもう無いみたいですね。

 

ただ、あの頃iPhoneを持っていたのは、

アップル製品好きか新しいもの好きのひとばかりで、

良識のある大人がおおかったから楽しかったのかもしれない。

 

似たようなアプリやコミュニケーションツールを探してみても

出会い系か子供用のコミュニティばかり。

同じアプリが今あっても、あの頃の雰囲気にはならないんだろうなあ。